カラーリング※市販ランキング

自宅で初めてカラーリングする注意点

カラーリングをしたことがない人は、本当にうまく染められるか不安に思ってしまうでしょう。
けれども、先に入念な準備が完了していると、大丈夫なのです。
先にブロッキングをしてからスタートさせなければ、カラーリングの薬剤が付着していない箇所が生じてしまうため、髪全部を5つほどにブロッキングしておきます。
ゴムで結わくのと比べて、ヘアクリップを用意したほうがパッと取り外しできるのです。
混合液というのは作成方法が商品ごとに決められていますから、説明文をチェックしながら手順通りに進めていくのが大切ですが、どこから塗り始めるかという点についても各々の商品で決まっています。
コツは、髪の生え際は頭皮に近いので、体温があることで色が入りやすいのを忘れないようにします。
根元に多く薬剤を使ってしまうと、頭髪の根本の色が毛先よりワントーン高くなってしまいます。
髪の毛全部に付着しているかどうか、ちゃんと自分の目で確かめるのがベストといえますが、可能ならば家でカラーリングをする時は、自分で行うのではなく家族に行ってもらったほうが確実だと言えるでしょう。
どう頑張っても後頭部などを自分で確かめるのは困難なので、ムラなく染色できるようになるまで繰り返し行うことが重要となります。
染めた後一定の時間が経ったら、丹念にお湯ですすぎ、シャンプーで二度洗いをしカラーリングの薬剤が残らないようにしましょう。
日常的にコンディショナーやリンスを用いない人も、カラーリング終了後は頭髪が敏感になっているので、どちらかは使うように心がけましょう。

 


このページの先頭へ戻る